10月に入り『秋~』の色が濃くなりましたね~朝晩は結構寒く先日は暖房入れてしまいましたよ~

さてさて、ZEROfestivalが先週末大盛況に終える事ができました。

三回共に清水町開催でしたが沢山のお客様に来て頂きました。札幌や鷹栖等からも来て頂いて本当に嬉しいです。

舞台は26日(土)オープニングでいきなりのハプニング(..)『まじ?』と一瞬フリーズしましたが…なんとか持ち直し流れました。そこはZEROメンバーです。それをきっかけに更に盛り上がります。まさにピンチはチャンスです(^-^)/

今回の発表会はZEROの軌跡をたどり『story』をテーマにZEROの痛みを乗り越える節目の発表会

となりました。メンバー各々色んな痛みを持ちながらも『ダンス』通して輝いた瞬間だったと思います。

各々のドラマは良いことも悪い事も、辛い事も悲しい事も全て必要なことで…その痛みがあるから人は優しくなれるんだと。

公演のゲネプロの時に恩師の中原リツコ先生が亡くなりました。中原先生から頂いた言葉『人事を尽くして天命をまつ』この言葉を胸にZEROの舞台を創ってきたZEROの『story』です。

沢山の想いが舞台いっぱい広がった感じの発表会でしたぁ~

そして、ゲストの堀裕子先生、素敵なダンスをありがとうございました。平野なぎさ先生、中野るみ子さん、やまなみ合唱団の皆さん素晴らしい歌声をありがとうございました。TTSYaさん、ノリノリの音楽ありがとうございました。

裏方ススタッフの皆さん、保護者の皆さん、そしてご来場下さいましたお客様~沢山の方達に支えられて舞台を終わる事ができましたぁ~(^-^)/

本当に本当にありがとうございました。

また新たなスタートです。二年後どんなメンバーでどんな色の舞台になるのか?楽しみです。

AlのStoryから~大好きなメッセージです。

『ひとりじゃないから、私がが君を守るから~あなたの笑う顔が見たいと思うから、時がなだめてく~痛みとともに流れてく~陽の光がやさしく照らしてくれる~

時に人は傷つき傷つけながら染まる色はそれぞれ違うけど~自分だけのstoryつくりながら生きてくの~だからずっとずっとあきらめないで~』

元気を沢山の頂きました。ありがとうございました~